と記ど記
新たな種鳩ちゃん導入

クリックして原寸大

あちこち掲示板に出入りしている(ほとんどは鳩の話題以外に飛びついてます)と希に「プレゼント」と目に付く時がございます。

雄だったので悩みに悩んだ末(悩んだ時間30分^^;)応募。
タイミング的に運が良かったのでしょう。
とうとう家に届きました。

初心者はこれで十分。
あとは飛ぶ鳩、飛ばない鳩、飛ばなくても種では優秀な鳩など少しずつ見極めていきたいと思います。

 

2012-10-28 01:41:06|Comments(4)
遠い記憶(その3)

「ギャァ〜〜〜〜〜ァ ドテ 真っ暗で何も見えない〜〜」



いつものように学校から帰ってきて舎外をしていると何となく1羽足りないような気がした。
1時間ぐらいして鳩ちゃんが屋根に降りてきて、

「やっぱり、1羽足りない」

おかしいなぁと思い近所に兄弟手分けして捜索に出るも怪我して落ちた様子がない。
そうして家に戻ってきて弟と「まさかなぁ・・・」
っと思いつつ月日が流れ忘れかけた頃、奴は戻ってきた!


「オーイ、◯◯さんとこの鳩かい?」
と、遠くから叫ぶ風呂屋のオヤジさん。

その手に持つ焦げ茶色の物体は
まさしく、約1ヶ月前にいなくなったRCの鳩!!

現在はなくなってしまいましたが、当時住んでいた家の近くには銭湯があり、当然、煙突もありました。舎外の時には何羽か家の鳩が止まっているのを確認していましたが、「まさか!あんな所から?」と思うのは当然で、しかも、生きて帰って来たなど奇跡です。


炭喰って生きながらえてたのでしょうか。
この鳩のオヤジは、従兄弟が作出した鳩ですが、距離が短かろうが長かろうが帰還は10日以上で手を焼いていたそうです。
この子はオヤジ似か?と思いつつも鳩の生命力には驚かされたものです。

その後、しばらくして舎外に復帰しました。



そのことを思うと、炭のグリッドも効果あるのかと思う今日この頃です。

 

2012-10-19 02:58:25|Comments(0)
遠い記憶(その2)

ガタンゴトン ガタンゴトン
奴らは電車でやってきた・・・・・・・・・・・・・



「チリチリチリ〜ン」
「東京から荷物が届いてますよ〜」

っという駅の隣の自転車置き場のオヤジさんからの一報!



来た来た来た来た〜ぁ


「何じゃこのでっかい鳩は〜〜ぁ」



1羽は♂の灰、もう1羽は♀のゴマ。
それまで見たことも触ったこともないBIGな鳩ちゃんに目が点になってました。


さ〜ここで問題です。
この鳩ちゃんどんな経緯で家に来たでしょうか〜


はい!:「買った!」
   ん〜〜ん・・鳩いっぱいいたしなぁ

はい!:「他のお家に紛れ込んだ鳩!」
   訓練でいなくなった鳩は1羽だけ
   ※この1羽は1ヶ月後に発見されました。

はい!:「遠くで盗んで電車で運んで貰った!」
   ブッブーゥ、泥棒じゃねぇか〜〜ぁ。



そろそろ種明かしです。(何となく気が付いている方も^^;)
週刊少年チャンピオンに連載されていたレース鳩0777の懸賞に当たった一人です。
♂はモナン系。
後はさっぱり覚えてませんが、なんだぁかんだでなだめられて最期は従兄弟に持って行かれたの事だけは未だに覚えてます^^;




最近、得したことあまりないなぁ・・・
若い頃に使い切ったかも><

 

2012-10-18 15:48:12|Comments(2)
遠い記憶(その1)

クリックして原寸大

小学校6年の頃、週末と言えば鳩ちゃんの訓練に出かけていました。まぁ訓練と言っても自転車で行ける範囲ですので直線距離20kmまでが関の山でしたが。

ある日のこと、いつものように朝、鳩ちゃんを入れて訓練に・・
ところが放鳩して「さて帰るぞ!」と自転車に飛び乗ったらようすがおかすぃ〜
「パ・パンク!」
当時自分の身長は170cmを超えていたので大人用の自転車でしたが、流石に参った^^;

しょうがないので自転車を押してテクテク歩いていると、「な〜んて運がいいのだろう」オヤジの親友の自転車屋さんが通りかかり拾ってくれました。

それから数日経ったある日、自転車屋さん再び登場!
「中古だけど良かったら〜」
っと、自転車を運んできました。

古い方ならご存じかと思いますが、三十数年前一時一世を風靡したデコ(デコレーション)自転車、自動車のオートマレバーを自転車にくっつけたタイプの自転車、これを持ってきて下さったのです。

これに変わってから更に行き帰りの時間が倍近く短縮しました。






現在は何処へいくのも自動車!
太る訳だ〜〜〜><

 

2012-10-17 14:59:58|Comments(0)
超小規模鳩舎の門出

クリックして原寸大 クリックして原寸大

種鳩管理は兄、選手鳩管理は弟という環境で始まる超小規模鳩舎の再々出発。

運動場の下は母がどうしても熱帯植物の冬場の置き場所がほしいと言うことで確保したスペース。
止まり木はカラーボックス積んだだけ!
運動場左は時前の水浴び場、右は出入り口。
そして運搬用の籠(これ弟の力作です)

現在、種5羽(内4羽は自鳩舎作出)
もう1羽、導入して来年間に合うか!・・・ってとこです^^;

鳩舎は2年前に引っ越した時のままですので、これから改造。
本来は作出が終わった後にやるのがいいのでしょうが、まぁそこら当たりは経験積むのによい機会。
変貌を遂げる鳩舎にこうご期待!と言う感じです。

 

2012-10-17 00:26:10|Comments(0)



今月     10月    
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
最新のコメント