スタートラインへの道・・・。(言い回しが何か遠そう)
シーズンも終わり…。

ここでのみなさんの活躍を読んで「来年は絶対JC/GN返すぞ!!」と刺激されずにはいられません。

今日、近所の先輩から電話があり最終レースの状況等を聞かれたりしながら鳩談義。その先輩は大の鳩キチなのですが仕事と住宅事情から飼育する事は出来ず、いつも遊びに来てくれます。

その方が月曜日に仕事の配達中道路脇に力無く歩く鳩を見つけ、とても気になったらしいのですが納品でどうする事も出来ず、帰りに通り掛ると車に轢かれてしまっていたそうです。時期的に長距離の参加だったんだろうな・・・と、道すがら助けてあげられなかった事を悔みつつ自宅庭に埋めてあげたそうです。
私製環の横浜の方の連絡先に電話をし、番号を伝え経緯を説明するとその鳩はCHに参加したそうで前のレースで連盟で総合8位になり、一番期待していた鳩だったそうです。
丁寧にお礼を言われ電話を切ったらしいのですが、改めてレースの厳しさを思い知りました。

私の地元は茨城の日立近郊なので、もうすぐそこだったんです。最後の最後に振り絞る力も残っていなかったんでしょうね。
前レースで活躍した鳩もここで落ちる程、想像を絶するレースなんですね・・・。力尽きたそのトリに何か教えられたような気がします。

早く新鳩舎を完成させて、毎年想う「もう一度ゼロからスタート」です!!

 

2010-05-13 00:22:11|Comments(3)
いよいよ!

クリックして原寸大 クリックして原寸大

伸び伸びになっていた選手鳩舎も続々生まれたヒナ達に急かされ、やっと作り始めました。
茨城の(どこもそうかと思いますが)今年の天候は暖かかったり季節を無視したドカ雪が降ったり、種鳩はオーガニック飼育(正確には吹きっさらし鳩舎なので・・・)自然に盛るまで様子を見ている内に3月の後半になってしまいました。

またもやかき集めた廃材中心に、練りに練った(やらなかった言い訳を。)構想を一気に爆発させる時が来たのであります!(聞こえが良い・・・)

4坪をシーズン中に2部屋に分離出来る様にします。
まずは土台から。

地盤が少し心配なので沈んでしまった時の為に水平調整出来る様にパイプジャッキを9か所に設置。
大きな塚石を埋め込んでその上にジャッキをセットし、単管パイプで支えて見ました。お陰で床の補強にもなり、一石二鳥です。

次回予告。
「寸法の合わない廃材のドアは只のアルミ屑なのか!」
の巻です。

 

2010-05-06 00:51:06|Comments(2)



今月     05月    
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
最新のコメント